老人ホームで新生活を始めよう|看護体制が万全です

介護士と女性

便利な基本機能

食事

介護請求ソフトは様々な種類がありますが、搭載されている機能はどれも高性能なものばかりです。例えば、計画書の作成やモニタリングが出来る機能を使うと訪問介護のスケジュール管理が円滑に進みますし、介護施設を利用している顧客の情報を登録することで、介護保険の情報や契約している家族の情報まで一括で確認できます。さらに、介護請求ソフトには売上管理の機能も搭載されていて、各エリアや営業所ごとの請求月次を一元管理できたり、利用者に送付する請求書の作成ができたりするなど非常に優秀な働きをしてくれます。このような介護請求ソフトは基本的に操作が簡単ですが、急なトラブルに対応できるようにサポートセンターがあるので、困ったことがあれば電話やFAXを使ってすぐに相談することができます。

介護請求ソフトの導入をする際、多くの介護施設では手続きや設定方法が面倒だと感じているはずですが、実は介護請求ソフトの導入は非常に簡単です。特にASP型のソフトであれば、特別な回線を用意する必要もありませんし、機能を追加する時間も短時間ですみます。また、稀に法改正などで請求書類の書き方などが変わる場合がありますが、自動的にバージョンアップをする介護請求ソフトならタイムリーな機能が続々追加されるため、書類の不備で介護請求が遅れるという事態を避けることができます。さらに、介護請求ソフトを導入出来る介護施設の幅も広く、一般の老人ホームはもちろんのこと、通所介護や複合型サービスを実施している施設でも問題なく利用できます。