老人ホームで新生活を始めよう|看護体制が万全です

介護士と女性

業務の効率化

微笑む女性

高齢化社会と言われている今、介護施設の需要は年々高まっていますが、介護サービスの質を向上させるために、国保連中央介護伝送ソフトの導入が進められています。国保連中央介護伝送ソフトを導入すると、難しい介護保険や介護施設を資料請求している人への請求処理などが滞り無く行えるようになる上に、予定表の管理などもサポートしてくれるので業務スピードが格段に向上します。また、国保連中央介護伝送ソフトはあらかじめソフトを購入してインストールしておけばすぐに使用を始められますし、介護請求のために磁気ディスクなどを用意する手間も省けます。さらに、年中無休でサーバーの監視を行ない、個人情報や施設運営に関わる重要なデータの送受信を暗号化するなどセキュリティ対策も万全です。

国保連中央介護伝送ソフトを導入する際、パッケージ型とASP型の違いを把握する必要があります。パッケージ型の国保連中央介護伝送ソフトの場合、ホームページなどからソフトをダウンロードしたり、付属のCDを使ったりしてインストール作業をする必要があり、さらにバックアップ作業を自分で行なわなければいけません。対して、ASP型の場合はネットを通して国保連中央介護伝送ソフトを使用する上で必要な機能が提供されるため、特にソフトのインストール作業をしなくても良くなります。また、入力された個人情報などはソフトを提供している会社の方で厳重に管理されているので、面倒なバックアップを取る必要なくなります。さらにバージョンアップも自動的に行なわれるなどのメリットがあります。