老人ホームで新生活を始めよう|看護体制が万全です

笑顔のシニア男性

業務の効率化

微笑む女性

介護現場の業務効率を上げるために国保連中央介護伝送ソフトが重宝されています。セキュリティ対策も万全で、ソフトを事前にインストールしておけば簡単に介護請求などの業務を開始できます。

もっと詳しく

介護請求を楽にする

シニアの男女

介護の現場で使われている伝送ソフトには、民間と国保連が提供しているソフトの2つがあります。どちらも作業効率を上げるために役立つのですが、コスト削減をしたいなら民間のソフトを購入した方が良いでしょう。

もっと詳しく

生活のサポート

介護施設

家族の中に高齢者がいる場合、通常なら家族全員で生活のサポートをしてあげるべきです。しかし今は家族全員で生活している家庭は少なく、就職や結婚などで子供が家を出てから一人で生活をしている高齢者もたくさんいます。そのため、最近では高齢者の孤独死や精神疾患といった問題が数多く発生していて、高齢者のサポートをする介護施設などの需要が年々高まっています。特に老人ホームは介護福祉士や看護師が常駐しているので、持病を持っている人でも安心して入居できますし、介護を行なう家族の負担も軽減されます。しかし、老人ホームは全国にたくさんあるので、入居の前はネットや雑誌を使って情報収集を行ない、手厚いサポートをしてくれる施設を探しましょう。

ネットを使って老人ホームを探す場合、問い合わせフォームや電話から連絡して、入居に関する相談をする必要があります。サービス内容や費用、施設の立地など希望の条件をしっかり伝えると、スタッフが条件にあう最適な施設選びを手伝ってくれます。自分だけで探すよりもプロのアドバイスを受けた方がより効率的ですが、希望の施設が見つかったときはすぐに入居手続きをするのではなく、事前に施設見学や体験入居をすると良いでしょう。老人ホームのスタッフが丁寧に案内してくれるので、入居前の不安が解消されます。このような流れで施設を決めた後はいよいよ老人ホームでの生活がスタートします。施設に入るとスタッフによるサポートが受けられると同時に、入居者同士で仲良くなれるので、精神的にも安定するでしょう。

便利な基本機能

食事

介護請求ソフトを導入すると、売上管理やスケジュール管理が簡単になるため介護施設のスタッフの負担が減ります。また、サポートセンターがあるので、トラブルが起こったときは迅速に対処してくれます。

もっと詳しく